「BONES」とのクロスオーバーを成功させた「スリーピー・ホロウ」は打ち切りになるのか?

ドラマスリーピーホロウのキャスト

こんにちは!肩の凝りからくる頭痛に悩まされている、
橘右京(タチバナ ウキョウ)です。

さて本日は海外ドラマ深読みレビューと題して、アメリカドラマ「スリーピーホロウ」についてご紹介します。

 人気脚本家「アレックス・カーツマン」が手掛ける重厚なミステリー

スリーピーホロウといえば、ティム・バートン×ジョニーデップの映画版が記憶に新しいですが、このドラマは全く新しい解釈で描かれています。

1781年、アメリカ独立戦争で命を失ったイカボッド・クレーン。250年の時を経て、ある晩彼は現代のアメリカ、スリーピー・ホロウの村で蘇る。
あらゆる謎がアメリカ独立の裏にあるストーリーとリンクしながら、21世紀のアメリカで、時空を超えた“スリーピー・ホロウの伝説”が紡ぎだされていく!
引 用:スリーピー・ホロウ シーズン1 あらすじ

▼キャスト情報はこちらから
キャスト|スリーピー・ホロウ シーズン1|FOX|FOX ネットワークス

ポイント!ここを見て欲しい!

1.斬新な設定とストーリー展開

アレックス・カーツマン

 本作の製作総指揮に名を連ねている、ハリウッドの名脚本家アレックス・カーツマンは、「スター・トレック」、「トランスフォーマー」や「M:i:Ⅲ」などの映画から「Hawaii FIVE-0」「FRINGE」等のドラマのプロデューサーまで幅広く活躍している売れっ子クリエーターです。

スリーピー・ホロウの伝説

 そんな彼が今回ドラマ最新作として手掛ける題材は、“首なし騎士”の都市伝説。古くからアメリカに言い伝えられ、1820年ワシントン・アーヴィングが「スリーピー・ホロウの伝説」として記した物語です。
 
 そんな古典作品を軸に、「建国の父」「フリーメイソン」「魔女伝説」などいまなお"アメリカの謎”とされている数々の伝説を織り交ぜて全く新しい解釈のミステリーを作り上げています。
 思わず「うん、ありえるかも」と言わしめる説得力のあるストーリー展開が心地いい作品です。

2.歴史ファンタジーを盛り上げる世界観

スリーピー・ホロウ_セット

 本作で取り扱う内容は、アメリカ独立戦争の「史実」と魔女やまじない、悪魔の呪縛といった「ファンタジー」ということもあるため、時代考証やセットが非常に細かく作られています。
 また、セリフ等にも当時の時代の習慣や流行りなどが盛り込まれているため、何の違和感もなく入り込んでいけます。

 先の読めない歴史の謎、さらにはスピード感あるアクションシーンも加わり、全編を通して魅惑と迫力に満ちた圧倒的な世界観が広がっているんです。

3.イカボッド&アビーの絶妙なやりとり

スリーピー・ホロウ_絶妙なコンビネーション

 私が個人的にどのドラマでも重視するのが、出演者のコンビネーションなのですが、本作の主役である2人も絶妙なやりとりを見せてくれます。
 18世紀の軍人イカボッドと21世紀現在の警察官アビー。なんせ2人の間には実に200年以上の"ギャップ”があるわけですから・・・。ここだけでも楽しそうな響きがしませんか。
 
 スリーピー・ホロウ_普遍的なもの
 
 面白さもありますが、18世紀の人々が大事にしていた生き様や、時代を超えても受け継がれていく普遍的な思想など、改めて気づかされることも多くあります。それが"歴史ファンタジー”のよさなんでしょうね。

「スリーピー・ホロウ」×「BONES」ハロウィーンスペシャル

スリーピー・ホロウ_ボーンズ_クロスオーバー

 おなじ「FOX」ドラマである大ヒットドラマ「ボーンズ」とのクロスオーバーエピソードも話題を呼びましたね。アメリカではハロウィーンスペシャル版として『BONES』『スリーピー・ホロウ』それぞれで1話ずつ放映されたようです。いつものシリアス路線ではなく、思わず笑ってしまうようなほのぼのとしたストーリーになっているようですよ。

待てない人はこちらチェック

ブレナン(エミリー・デシャネル)とブース(デヴィッド・ボレアナズ)は人間の痕跡を発見し、犯罪事件として捜査を進めるうち、同じ手掛かりを追っていた『スリーピー・ホロウ』のイカボット(トム・マイソン)とアビー・ミルズ(ニコール・ベハーリー)に出会い、事件解決のために4人で組むという展開。『スリーピー・ホロウ』に舞台を移したエピソードでは、イカボットの仇敵が死から蘇り、その相手を止めるためにブレナンとブースの力を借りて18世紀の謎を21世紀の科学で解き明かすことになるという
引 用:海外ドラマナビ

存続か?打ち切りか?気になる今後

スリーピー・ホロウ_新シーズン

 シーズン3のレンタルが開始されている「スリーピー・ホロウ」。
米FOXの最初の更新発表にその名前がなかったことや主役のアビー役であるニコール・ベハーリーの降板劇などで、シリーズ終了の危機にさらされておりましたが、ようやくシーズン4の更新が決定しました。
 時間がかかっただけにかなり難航したようですね。

 「非常に難しい話し合いでした。イカボッド(トム・マイソン)とアビーがドラマの柱だったので、続けるかどうかを決めるのは簡単なことではなかったのです」
デヴィッド・マッデン氏(FOXエンターテイメント代表)のインタビューより

スリーピー・ホロウ_シーズン4決定

 舞台がニューヨークからワシントンD.C.に移され、新シーズンでは主役イカボッド(トム・マイソン)が、国土安全保障局員で、10歳の娘モリーを育てるシングルマザーでもあるダイアナ(ジャニナ・ガヴァンカー『トゥルーブラッド』)とタッグを組むなど、配役・設定が大幅に変更されています。
 私自身この大きな変更に動揺を隠せませんが、制作側は新たなストーリー展開に確かな手応えを感じているようです。
 

「(シーズン4の)最初の7話の脚本は本当に面白いです。皆さんに伝えることができるたくさんの面白い物語を用意しています」
デヴィッド・マッデン氏(FOXエンターテイメント代表)のインタビューより

新天地を目指すシーズン4

シーズン4

舞台・キャストを一新して再スタートをはかるスリーピー・ホロウの今後に期待しましょう!

ドラマスリーピーホロウのキャスト