ドラムか縦型か?レビューを交えた洗濯機の選び方

こんにちは!橘 右京(たちばな うきょう)です。
ついに!ついに!洗濯機が逝ってしまいました…。

 脱水時の音や異常な振動が気になってはいたのですが、洗濯機は高いですからね〜完全にダメになるまで頑張ってもらおうと思って様子を見てたんです。それがついに、排水手前でおかしな音を立てて緊急停止するようになってしまいました。よく頑張ってくれましたよ。

洗濯機はどう選べばいいのか?

 新しい洗濯機をとネットや販売店をのぞいてみたんですが、思ってた以上に種類が多くて、値段も様々。これは困ったと、まずは基本に立ち返る意味で洗濯機に関するアレコレをまとめてみましたのでご紹介します。

設置場所を確認しよう

 まずは、これ!設置先の確認です。
我が家は古い団地に住んでいるので屋内に防水トレーがあります。そこにハマるもの、というのが絶対条件になります。
 ちなみに、集合住宅の中には設置場所が屋外という場合もありますよね。屋外は雨風にさらされることになりますので、高機能のものはやめておきましょうね。勿体ないですから。
 では、ここで皆さんの口コミの中で注意しておきたいポイントをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

□防水トレーからはみ出す
□蛇口の位置が高すぎるまたは低すぎて適切な設置が出来ない
□上に棚があって蓋が全部開かない
□前面が狭くてドアが開かない(ドラム式)
□排水口が直下にあるため高さを上げなければホースの取り回し、排水口の清掃が出来ない

 いかがですか。蓋が全開しないなんてのは、設置後じゃないと気づけない部分なので注意したいところです。

縦型とドラム式の違いを理解しよう

 つづいて、今主流になっている縦型かドラム式かで悩む方も多いのではないでしょうか。少々値段が高くても、丈夫で長持ちするなら買ってもいいかなって思いますよね。そこで、まずは縦型とドラム式の違いをしっかり理解して、用途にあったものを選ぶようにしましょう。

洗浄力を重視するなら縦型洗濯機

 縦型洗濯機は、たっぷりの水にモーターで強い水流を作り出し、衣類同士をこすり合わせて洗浄します。ソース染みなど、頑固な汚れはピンポイントで揉み洗いしますよね。まさにそのイメージなので、洗浄力はピカイチです。
 
また、縦型洗濯機に乾燥機能がついているものをよく見かけますが、縦型の性質上、洗濯物が重なった状態で乾燥になることが多いため、中が生乾きになってしまうことがあります。また、乾燥機能はヒーター式しかないので、乾燥にかかる電気代が高額になりやすいです。

定期的にネットのゴミ捨てと、専用洗剤を用いたカビ予防のための掃除が必要ですが、そんなに頻繁ではないので手入れは楽です。

メリット

洗浄力が強く、メンテナンスが簡単!

デメリット

水を多く使い、乾燥機能は苦手で電気代が高くなる。

ドラム式の最大のウリは乾燥機能

 洗浄力は縦型に比べると明らかに劣ります。ドラム式洗濯機の原理をご説明しましょう。まずドラムが回転し、下にあった洗濯物が舞い上がります。そのまま重力を使って落ちてきますが、その落ちた時の衝撃で汚れを落とすという方法です。そのため、それほどの勢いで汚れが落ちることはありません。メーカー実験等を見ても、ソース汚れなどは明らかにリング状に縁が残っています。
 
 ドラム式洗濯機が最も優れているには乾燥機能です。ドラム式は回転すると勢い良く舞い上がり、衣類同士が重なることがなく、風が全体に当たるので乾燥は早くまんべんなくできます。
 
 しかし、この乾燥機能にもヒートポンプ式とヒーター式の2種類があります。ヒートポンプ式は、ヒーター式より温度が低く、衣類を傷めにくいという特徴があります。対してヒーター式は高温になるため、衣類によっては傷めてしまうことがあります。そんなヒーター式ですが、日立が考案したヒートリサイクル方式は、ヒートポンプ式とほぼ変わらない性能となり、それまでの欠点を見事に改善しています。
 
 メンテナンスは大変です。マメに埃取りなどを行わないと故障しやすくなります。

メリット

乾燥機能が優秀で、節水できる!

デメリット

洗浄力が弱い。乾燥には電気代がかかり、メンテナンスが大変。

 縦型とドラム式の違いはご理解いただけましたか。
汚れ物が多く出る家庭には縦型が最適ですが、共働きで夜しか洗濯ができない家庭には乾燥機能がついているドラム式が向いていたりと、用途によって変わってきますので、最適なものを選ぶようにしましょうね。

洗濯容量の選び方と基準を覚えよう

 さて、縦型とドラム式の違いが分かったら、あとは容量の選び方ですよね。大は小をかねるとはいってもどのくらいの大きさを選べばいいのか。一人暮らしの場合はどうなのか、容量選びも難しいところです。そこでここからは容量の選び方と基準をご紹介しましょう。

一人暮らしの場合

 1人の1日分の洗濯物量は約1.5Kgと言われています。
単純に1週間に1回洗濯をするのであれば、1.5(kg)×5(日)=7.5(kg)となりますので、8kg洗い。

下着・タオル類は毎日洗うけど、洋服は4日に1度ぐらいであれば、4kg程度の小型でも充分だといえます。

一般家庭の場合

 基本の1人1.5kgで計算するのが最適ですが、大きいものやまとめ洗いが多くなりますので7kg〜8kgが主流になってきます。
 また、乾燥機つき洗濯機だと乾燥可能な容量も書かれていますが、洗濯可能な容量よりも少ないので、一度に乾燥できる量を重視する場合は、乾燥可能な容量を基準にして選ぶようにしましょう。
 最近は大容量化も進んでいるため、9㎏以上の大型でもかなり価格が下がってきており、昔に比べると入手しやすくなってきました。しかし、容量が大きいと外寸も大きくなりますので注意が必要です。

店頭に並ぶ洗濯機の特徴は?

 ここまでのお伝えした内容で洗濯機が買えるかと言ったら、実はまだ悩まされるポイントがあります。それは、実際店頭に並んでいる洗濯機の中には、これまでご紹介してきた機能を組み合わせたものがあるということです。それらをご紹介しましょう。

乾燥無し縦型洗濯機(簡易乾燥付きも含む)

 軽量、シンプルであることから日本ではこのタイプが一番多いです。容量、寸法、グレードも多いため、ニーズにあった一台が見つけやすいと思います。

 構造もシンプルで節水タイプも増えたので、長い付き合いができるタイプでしょう。
乾燥は一切使わない家庭にはこれ以外は考えられません。

乾燥機能付き縦型洗濯機

 加熱乾燥が出来るタイプです。縦型の洗濯特性をそのままに通しで乾燥まで出来る優れものです。もちろん洗濯のみ、乾燥機能のみ使う事も出来ます。
 しかし、乾燥容量は大体洗濯容量の半分前後のため最大容量で洗濯乾燥コースを使うとちゃんと乾きません。

 価格帯は乾燥無しに比べて1万円から2万円高いですが乾燥機を別に買ったり、ドラム式を買うよりはかなり安く抑えることが出来ますので、置き場所の限られた所では一番良いと思います。

ドラム式洗濯機

 先にご説明した通りですが、いくつか補足しましょう。乾燥機能と大きさ、そして価格がズバ抜けています。洗濯フィルター、乾燥フィルターをこまめに掃除しないとせっかくの性能も発揮できません。大概フィルター清掃ランプが付いた時は【お掃除時期】では無く【いい加減清掃しなさい】と言う意味になります。

洗濯機+除湿乾燥機

 洗濯機+乾燥機を別々に設置する方法で、最初に多少かかりますがドラム式一台より安い場合がありますので、決して無視できない選択肢です。ちなみに私の実家はこのタイプです。

 上に乾燥機、下に洗濯機を設置するのが一般的ですが、乾燥機自体にも専用の台がありますのでそれに立てて設置するという方法もあります。

 何より利点はそれぞれ独立しているので平行して使えます。
乾燥機を回して次の洗濯物がすぐ洗濯出来るなど、一体型では絶対真似できない効率化です。

 いかがですか。これで電気店の店員さんと対等に話せるようになりますね。

洗濯機ってどうお手入れしたらいいの?

 洗濯機の選び方などいろいろ調べていたらふと思ったんです。「そういえば、洗濯機のお手入れってどうすればいいんだっけ?」
 つけ置きタイプの洗濯槽洗剤があるのは知っていますが、他のことって意外に知りませんよね。そこで、掃除箇所と方法、またその頻度もまとめてみました。
 洗濯機で掃除する箇所は以下の7箇所でになります。

  • 洗剤投入口
  • ごみ取りネット
  • 排水フィルター
  • 洗濯槽
  • 操作パネル
  • フタ
  • 洗濯機本体の外側

では、詳しく見ていきましょう。

洗剤投入口・ごみ取りネット・排水フィルター

 洗剤投入ケースは取り外して水洗いします。石鹸カスが付いていることが多いので、歯ブラシなどでこすり取りましょう。ケースを外した状態で、はめ口も汚れを落としたあと、固く絞った布で拭いておきます。
 
 ドラム式の場合、排水フィルターを外してゴミを取り除きます。残水が流れ出てくる場合があるので、水を受ける容器を下に置いた状態で外すといいでしょう。
 縦型の場合のごみ取りネットや糸くずフィルターは裏返してごみをかき出し、水中で水洗いをします。

操作パネル・フタ部分・そのほか本体の外側

 本体の外側と操作パネルは、固く絞ったやわらかい布で拭きます。汚れが取れない場合は、薄めた家庭用合成洗剤で拭き取ってから水拭きし、その後乾拭きをしてください。
 フタの凸凹部に溜まったホコリは、掃除機で吸い取ってから固く絞った布で拭きます。フタの裏側も予想以上に汚れているものです。特にパッキンには洗剤カスや糸くずが溜まりやすいので、布で拭いたり、歯ブラシでこすって落とします。


 給水口に溜まったごみもチェックしましょう。そのままにしていると水の出方が悪くなる原因になります。給水ホースも一度外してホコリを取り除きましょう。ホースに残った水が飛び散らないよう、タオルで押さえながらゆっくりと回転させると外しやすくなります。

洗濯槽

 では、いよいよ問題の洗濯槽の清掃方法です。

2カ月に1度を目安に、市販の塩素系漂白剤や洗濯槽クリーナーを使ってお手入れを!粉石けんを使用している場合は、1カ月に1度が目安です。
 使用機種に「槽洗浄コース」がある場合、洗濯槽に40~45℃のお風呂より少し高い温度のお湯を溜め、塩素系漂白剤や洗濯槽クリーナーを入れたら運転スタート。こびりついた洗剤カスが落ちやすくなります。

槽洗浄コースがない場合、縦型なら槽いっぱいに、ドラム式ならこぼれない程度にお湯を溜めます。塩素系漂白剤を入れて「洗い」運転を行い2〜3時間放置。その後も「洗い」のみを3回ほど繰り返し、最後に「標準」コースで運転させます。

 

塩素系漂白剤と酵素系漂白剤を使い分けよう!
漂白剤には酵素系と塩素系があり、酵素系は過炭酸ナトリウムによる強い発泡作用でこびりついた汚れをはがします。一方、塩素系は次亜塩素酸ナトリウムが主成分で、非常に強い殺菌作用があります。こまめに槽洗浄する場合は酵素系でもOKですが、槽内のカビやニオイ対策には塩素系が効果的です。

環境にも優しい!おすすめ洗濯槽クリーナーTOP3

大容量で低価格。無香料であることから絶大な人気を誇る商品。ワカメ状の汚れがたくさんとれるので、しっかり洗った感があります。

月1回使いきりタイプの洗濯槽クリーナーです。合成界面活性剤、合成香料、着色料、保存料無添加。無添加酵素系洗浄成分がカビや臭い、汚れをすっきり洗浄してくれて、除菌効果も期待できます。天然精油(スペアミント)を配合しています。

環境にやさしいことでおなじみの「シャボン玉石けん」が販売している洗濯槽クリーナーです。洗濯槽の汚れをごっそり取ってくれると口コミで話題沸騰。酸素系なので有害ガスが発生しないのもポイントです。合成界面活性剤不使用。

 さぁ、ここまで情報が揃えば洗濯機も選べますよね。次はいよいよ、実際に購入した洗濯機のレビューをお届けします。

【Panasonic】全自動洗濯機のレビュー

surface-of-vertical-type-washing-machine
 ということで、様々な情報を駆使した結果、次の新しい洗濯機はPanasonicのNA-FA100H3-Nに決めました。色はシャンパン!

NA-FA100H3-Nの基本スペック

 今回は思い切って10kgにしてみたんですが、大容量ながら防水トレーにスッポリハマる大きさだったこともあって即決でした。

商品名 全自動洗濯機 (洗濯10.0kg) NA-FA100H3-N シャンパン
型番 NA-FA100H3-N
シャンパン
本体サイズ(高さ×幅×奥行) 1071×599×648mm
本体重量 40kg
消費電力 355W
付属品 給水ホース、給水栓つぎて、外部排水ホース、調節ゴムシート、風呂水吸水ホース、ホースハンガー、風呂水フィルター、キャップ(ホース穴カバー)
洗濯槽種類 ステンレス槽
洗濯・脱水容量 10.0kg
洗濯槽自動お掃除機能
コース おまかせ、わたし流、すすぎ1回、スピード(3.0kg)、泥汚れつけおき(3.0kg)、おうちクリーニング(3.2kg)、ソフト脱水(3.2kg)、毛布、槽洗浄、送風乾燥
運転時間 39分

窓が透けて中身が見えるのが新鮮

lid-of-vertical-type-washing-machine
 何でもないことなんですが、蓋が透けて中の様子が見れるのは新鮮でした。水流とかみると1日時間を潰せそうです。

おまかせモードは汚れがひどい時は臭いが残ります

洗濯の量
 汚れものや臭いがキツイものは、おまかせモードでは臭いが残る時がありますので、我が家ではつけおきモードかすすぎ1回の水多めで洗うようにしてます。
 

フィルターはマメに掃除が必要

Dirt-in-the-filte
 我が家は1日に2回洗濯するからかも知れませんが、洗濯槽内にある2つのフィルターは毎日清掃が必要です。試しに1週間放置すると…大変なことに。フィルターの取り外しも、清掃もワンタッチでできるので、全く苦になりません。むしろ、ガッツリ取れるのが快感になっていきますよ。

とにかく驚きの静かさ

 セッティング後にさっそく洗濯をしてみたんですが、とにかく静かなことに驚きました。

我が家は築年数が古い集合住宅のため、何でもよく音が響きますが、この洗濯機のモーター音は静かすぎて動いているのかどうかも分からないぐらいです。10kgと大容量なので、音もそれなりに出るかなと覚悟してましたが、取り越し苦労でした。これなら夜でも近所に気兼ねなく洗濯ができます。

さすがは安心のPanasonic製品!真面目な社風が商品に出てます

 洗濯機の選び方から実際のレビューまでお届けしましたが、いかがでしたか。
せっかく買ったのでしっかりメンテナンスして、長く付き合っていきたいなと思います。ぜひ、皆さんも参考にしてみてくださいね。