長年探し求めた高機能マークダウンエディタは『Classeur』で決まり!

classeur
macOSやChromebookで使えるマークダウンエディタの『Classeur』はBloggerやWrodpressにも対応した優れものです。気になる評判や、ユーザーインターフェイスなどをご紹介します。

こんにちは!橘右京(タチバナ ウキョウ)です。
記事作成やブログをマークダウン記法で書くようになって、1年以上が経過しました。もうマークダウンエディタは手放せません。

しかし、iMacとChromebookという違うOSのパソコンを使っていると、マークダウンエディタ選びが非常に難しくなります。MacアプリにはMWebやUlyssesなどとても優秀なマークダウンエディタが多いので困ることはないのですが、Chromebookとシームレスに使おうとすると話は変わってしまいます。

そんないわゆる“マークエディタ難民”状態で、何かいいマークダウンエディタはないものかと彷徨い続けた結果、ついに見つけたんです!

その名も『Classeur』です。

Classeur – The app

Write notes, docs and blogs easily with Markdown.

Classeurの概要

classeur名前の由来

Classuerとはフランス語バインダーを指す言葉です。
私たちに日本人にも馴染み深い、一般的なインデックス(仕切り)付きのバインダーノート想像していただければいいです。バインダーなので、自由にインデックス毎に取り外したり、増やしたりすることが可能です。

『StackEdit』と同じ開発元である

完成度が高く、私がマークダウンエディタに求める機能が全て入っているので、使用するや否やあっという間にお気に入りアプリの仲間入りを果たした『Classuer』ですが、そうなると誰が作ったのか気になりますよね。そこで調べてみたのですが、どうやらあのウェブ型高機能マークダウンエディタである『StackEdit』を手がけたチームのようです。『StackEdit』も完成度が高いマークダウンエディタとして有名なアプリですが、同じチームの作品なら納得ですよね。

有料版との違い

ClasseurにはFreeプラン、Premiumプラン、Enterpriseプランがあります。Freeプランでは100ファイルまでしか保存できないのに対して、Premiumプラン以降になると無制限になり、Enterpriseプランになるとメールサポートや自動バックアップ機能なども付加されていきます。価格はPremiumプランが月額3ドルで、Enterpriseプランは年額60ドルです。

エスクスポートできる形式

Classeurはマークダウン記法で作成したファイルを様々なプラットフォームやファイル形式でエクスポートすることができます。

  • Blogger
  • WordPress
  • Github
  • Zendesk
  • Plaintext
  • PDF
  • Word
  • OpenOffice などなど。

 

Classuerの主な機能

Classeurはブラウザ版、macOSアプリ版、そしてChromeアプリ版があります。ただし、Chromeアプリ版はChromebookユーザーしか使えないようになりましたので、ブラウザ版が主流になってくるかと思います。

▼Chromeアプリに関してはこちらをご参照ください。

Chrome拡張機能とアプリの違い
こんにちは、橘右京(タチバナ ウキョウ)です。 GoogleChromeブラウザを利用している方は多いと思いますが、その最大の理由は拡張機能に...

では『Classuer』はどんなことができるのかまとめてみました。

  1. Markdown 記法に対応。
  2. スクロール同期するリアルタイムプレビュー(オン/オフの切り替え可能)。
  3. Windows、macOS、ChromeOS、iOSなど全てのOSで使用可能。
  4. 画像のアップロード&表示が可能(Imgur経由)。
  5. 書くことに集中できる「Zen Mode」搭載。
  6. Google アカウントでサインインして同期可能。
  7. フォルダによる文書の管理が可能。
  8. Blogger、Wordpress、GithubへのPostに対応。
  9. Word、Openoffice、PDFなどにエキスポート可能。
  10. 他のユーザーと同時編集可能

 

ClassuerのUI(ユーザーインターフェイス)

classeurのUI

▲全体的にマットなデザインで文房具のような感じです。

classeurのファイル階層

▲フォルダ管理の階層は「classeur → フォルダ → ファイル」で、Evernoteでいう「スタック → ノートブック → ノート」のようなイメージです。

classeurの設定画面

▲様々な機能や設定に簡単にアクセスできます。

他のエディタと何が違う?

Googleアカウントで同期が可能なのは、Chromebookユーザーにとって嬉しい機能ではないでしょうか。Bloggerに投稿できるのもありがたいです。
また、『StackEdit』に比べると起動が早い気がします。もたつかれるとせっかく浮かんだアイディアも取り逃してしまいますからね。

どんな人にオススメ?

私も愛用している『Classeur』はこんな人にぜひ使って欲しいです。

  • Chromebookユーザー。
  • Bloggerでブログを書いている人。
  • 高機能かつ快速なマークダウンエディタを使いたい人。
  • フレンチな響きに弱い人。

Chromeアプリもある『Classeur』気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

Classeur – The app

Write notes, docs and blogs easily with Markdown.

関連記事

Chrome拡張機能とアプリの違い

今更聞けないGoogleChrome拡張機能とアプリの違い

Chromeアプリ提供終了はどうなるのか

どうなる?「Chromeアプリの段階的終了」の真意とスケジュール

Google検索で遊ぼう!気分転換にピッタリの隠しコマンド

WEBメールの受信件数を通知してくれる拡張機能「X-notifer」

アウトライナーって知ってる?iOSとMacOSで使えるおすすめアウトライナーアプ...

増えすぎたブックマークをスマートに整理する

増えすぎたブックマークをスマートに整理!おすすめ拡張機能「Black Menu ...

Bitnami