WEBメールの受信件数を通知してくれる拡張機能「X-notifer」

 メールは受信がほとんどだという方、ChromebookGmail以外のメールを確認しようと思ったら、どうしますか?

 もちろん、Gmailには他のメールアカウントを設定し、利用する方法がありますのでその機能を使っても構いませんが、ライトユーザーであればそこまでする必要はありませんし、設定が面倒ですよね。
 
 つまり、Webメール主体で”通知さえしてくれればいい”タイプにとって、ちょうどいい拡張機能はないものかなと探してみたところ、手頃なのをみつけましたのでご紹介します。
 
 その名も「X-notifer」です。
 X-notifier (for Gmail™,Hotmail,Yahoo,AOL…)

「X-notifer」でできること

 できることはとってもシンンプルで、複数のWebメールアカウント設定することができ、メール受信数を教えてくれる拡張機能です。

「X-notifer」主な機能や使いた

▼メールを受信すると通知してくれます。
スクリーンショット 2016-12-09 15.51.37

▼通知は一定時間経つと消えますが、数字はこのように残ります。
スクリーンショット 2016-12-09 15.51.57

▼クリックしなくてもカーソルを合わせるだけで受信内訳は確認できます。
スクリーンショット 2016-12-09 15.52.03

▼「CheckNow」をクリックすれば手動で受信数を確認できます。ちなみに、各WEBメールの迷惑フォルダに振り分けられたものもカウントします。
スクリーンショット 2016-12-09 15.52.07

▼通知をクリックして、「Open」をクリックするとそのWebメールサイトに自動的に飛びます。
スクリーンショット 2016-12-09 15.52.14
 
以上がおもな機能とその使い方になります。

「X-notifer」はこんな人にオススメ

  • Webメールを2つ以上使っている
  • 受信がほとんどであるが、まめに内容を確認したい
  • 迷惑メールでも一応目を通したい
  • Chromebookでメールの確認をしたい
  • 「X」という響きに弱い

いかがでしたか?Chrome拡張機能ですので、気軽に試してみてくださいね!

 X-notifier (for Gmail™,Hotmail,Yahoo,AOL…)